VRやARを日本で学ぶには? Part3. TECH:: CAMPに潜入


 

人生を変える1ヶ月に!

勢いで、渋谷にあるTECH :: CAMP VRコースへ参加しましたので

感想を記します。

 

 

結論から言うと

・Unity の基本操作を覚えられたのは良かった!

・でも11万円は高すぎた!

・初心者にもっと優しい教材 (特に C#) を作って!

の3つです。

 

 

では、具体的な流れですが

受講2週間前

やっと、TECH masterというweb教材で勉強できます。

Macの使い方、unityの使い方、C#の問題、簡単なゲームの作り方を学びます。

国試対策で TECOMやMEC見るようなあんな感じです。

 

ちなみに、この時期は、質問をしたり教室を利用したりはできません。

初めはスイスイ進みますが、途中から一気に難易度が上がります。

 

C#!!

 

 

 

私は、この本でC# (プログラミング言語)を事前に予習した上で勉強したんですが

 

教材の内容難しすぎる!!!!!笑

 

小学生が足し算、引き算を学んでいたのに

急に微分積分に内容が変わる感じです。

 

ここは止むを得ず飛ばして、先に3Dゲームを作る作業に移ります。

教材通りに進めていけば、ここは問題なく完成します。

しかし、C#スクリプトは訳わかりません。

オリジナルVR動画の作成なんて 夢のまた夢 なんだとわかりました・・・

 

 

受講初日

一度時間を指定してスクールにくるようにメールがきます。

午後7時に予約し、仕事を早めに終わらせてスクールに向かうことに。

 

 

あれ・・・

約束の時間なのに、スタッフ誰もいない・・・

15分ほど待ってスタッフの方が到着。

 

 

私 「あ、すみません、今日が初回授業で、7時に予約してました。どうなってますか?」

スタッフ 「しばしお待ちください」

・・・

・・・

30分経過

スタッフ  「お待たせしてすみません、これから説明を始めますね。」

 

 

一抹の不安がよぎりました。

 

 

おそらく、ここのスクールは、いちいち生徒の予定を把握しておりませんので

注意しましょう。

 

 

受講開始 2週間

TECH :: CAMP から、メールが送られてきます。
以下抜粋

 

ーーーーーーーーーーーーーー
週次面談のご案内
ーーーーーーーーーーーーーー
■ 週次面談とは?
受講生の方のゴールを明確にし、その目標を達成するためにメンターが受講生の学習進捗や深度、
モチベーション管理をさせていただきます。

■ 目標達成までのサポート
過去の参加者からは、具体的なスケジュールを立てることによって目標が達成できた、
モチベーション維持や向上に役に立った、学習方法を相談できた、との声を頂いております。
お忙しいとは存じますが、ぜひ週次面談にご参加いただければ幸いです。
ーーーーーーーーーーーーーー

 

そこで週次面談を是非お願いします!と連絡した所

返信は下記の通りでした。

 

ーーーーーーーーーーーーーー
先日お送りいたしましたご案内に一部誤りがございました。
誠に申し訳ございません。

現在、週次面談につきましては廃止させて頂いており、
ご予約などを受け付けていない状況でございます。

そのため、ご相談等ございましたら教室へお越し頂いた際に
直接お近くのメンターへお声かけ頂けますと幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーー

 

え!!!!!

 

わからないことあったら適宜メンターに聞いてください〜 

近くにいますので。って、ちょっとこれは・・・

 

メンターが生徒一人一人をチェックしたり、進展度を把握したりはしないということみたいです。
無料体験で、とあるメンターから

 

「私が重点的にチェックします!」

 

って言っていたのは、まやかしだったと悟りました。

その後、スクールを信用できなくなり、通うのをやめてしまいました。

 

 

まとめ

・Unityの動かし方に慣れたい!

・プログラマーの方と話をしたい

・時間的、金銭的な余裕が少しある

・C#をマスターできる自信がある

 

 

以上のような人は、受講をお勧めします。

私は、参加したこと自体に後悔はしておりません。

が、勉強法はこれだけではないので

無料体験を終えてから、よく考えて参加するか判断すべきだったかなと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です