医療 × ブロックチェーン ビジネスの呪い


 

なぜブロックチェーンにこだわるのか?

 

 

医療現場に課題があるからだ。

情報が統一していないことで

どれだけ、患者さんや医療者が困っているか

トラブルや、無駄な作業があって、苦しんでるか。

 

 
ブロックチェーンで、情報の統一化をすれば

初めて病院に来た患者さんでも問題なく医療が受けられるし

医療者も情報収集しなくて済む。

 

 

初めて病院を受診した患者さんに

まずは、今までの病院で紹介状もらってから、来てください。

今日はお帰りください。

だなんて言わなくすむ。

 

 

理想論でしょうか?

 

 

本日、都内の大手ビットコイン取引所さんへ行き

相談をしました。

 

 

 

プライベートブロックチェーンを運用して

電子カルテ統一化や

医療現場の不公平感を解決したいと。

 

 

医師の間でブロックチェーンを運用し

医学的に困ったことをリアルタイムで共有し

別のドクターが閲覧して相談できるプラットフォームを作る。

遠隔診療もできるような場所を作りたいと。

 

 

 

自分が、くれくれ人間にならないよう

医療者として、社員全員の24時間365日医療相談を受けたり

その会社へ無給で働きますと言ったり

広告頭として、その取引所をteachzap で広めますと話をしましたが

 

 

ビジネスにならないから無理

 

 

とのことでした。

当然でしょう。お金になるかわからないのに

めちゃくちゃ忙しい会社が協力するわけない。

上司に言っても99.99%無理でしょうとのことでした。

 

 

担当してくれた方は

1個人としては、共感してくれたものの

結局はお金なんですと。私達は、株式会社なんですと。

儲けが出なきゃいけないんです。と

 

 

サークルと違って

気軽には動けないんですと、おっしゃってました。

 

 

自分の話し方がまずかったのか?

力がなかったのか?

影響力がないのが原因か?

実績がないのが原因なのか?

 

 

わからないです。

おそらく全部でしょう。

 

 

じゃあ、どうやって動けばいい?

1日でも早く実現したい未来を迎えるために

何をしたらいい?

 

 

医療界で今後も自分たち(日本に生きるすべでの人)の

首を絞めることになっても

あなたの大切な人、親、家族、子供の命や健康

それより大事なものってありますか?

 

 

ビジネスだからとか、会社が儲かることとか

それって、命より大事ですか?

 

 

このブログを読んでいるあなたは

なぜ動かないんですか?

 

その取引所は国内最大大手でしたが

医療関係者が来たのは、私が初めてとのことでした。

 

 

ブロックチェーンの事業案なんて立てられるわけがない。

素人だし、事業なんてしたことないし。

ブロックチェーンの取り組みなんて誰もやったことがないし。

私達は医療の専門家だし。

 

 

言い訳なのか、それは?

私達の勉強が足りないのか?

そもそも、一般人の凡人には無理なのか?

 

 

西野さんやホリエモンのような

影響力がある選ばれた人じゃなきゃダメなのか。

 

 

なぜだろう?

なぜ、明るい未来に向けて、努力しないんだろう。

なぜ、幸せになるために、苦労をしないのだろう。

 

 

ビジネスの呪いを

倒すにはどうしたらいいのだろう?

 

この記事へのコメント

  1. 現在薬学部4年です。
    僕もブロックチェーン技術を医療に利用できたらあらゆることが便利になるんだろうなと思っています。
    盛り上げたいですね!

    1. twitter まで、御連絡ありがとうございます!
      同じ志を持った方がいるだけで、力が湧いてきます。
      2年後の、国試頑張ってください!
      田子森さんが薬剤師として働く頃は、今より良い環境となっているでしょう。
      私たちの責務だと考えてます、頑張りましょうね。
      これからもよろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です