エンジニアになりました


久しぶりの更新になります。

この数ヶ月、何をしていたかというと、ひたすらプログラミングをしておりました。

 

医療と同じくらいの時間を費やし、エンジニアになりました。

これから、医療の課題を、解決して行きます。

 

 

さて、React Native でアプリを開発しました。

もうすぐ、apple store に申請を出しますので、よろしくお願いします。

 

 

なぜ開発したか?

 

忙しすぎる同僚の負担を減らしたかったからです。

忙しすぎるある、脳外科医が抗菌薬の選択に困っていたからです。

 

 

開発には2ヶ月ほどかかりましたが、なんとかできました。

 

内容は

・クレアチニンクレアランス計算から、適切な抗菌薬投与量がワンクリックで一瞬でわかります。

・複雑化した肺炎治療における抗菌薬選択を、ガイドラインに沿って適切に、1分以内に判断することができます。

・複雑な尿路感染症の抗菌薬選択を、1分以内に判断することができます。

・感染症プラチナマニュアル2018の著者である、岡秀昭先生による監修が行われてます。

 

同時並行で、 Ruby on rails  で

 

心電図のWeb アプリを作ります。

GitHub の様なものを作ります。

 

なぜか?

 

 

救急隊が困っていたからです。

うちの病院(心カテできない) に急性心筋梗塞で運ばれてきた患者が

30分もtime loss したからです。

 

 

救急隊が心電図とって、一瞬で転送できる。

それを世界中の誰かが、閲覧して、心電図についてコメントできる。

コメントした医師がインセンティブがつく

 

 

そんなものを作ります。

 

 

あなたも

 

プログラミングで、医療現場の課題を解決しませんか?

 

ブログにはあまり時間を使いたくなくて駄文ですみませんが

先ほどの抗菌薬アプリが

apple store で無料ダウンロードができる様になったら、

またお知らせいたします。

 

 

この記事へのコメント

  1. qiita見ました。凄いですね!!!
    そんな技術力の無いrubyエンジニアですがよければ使ってください!

    1. コメントありがとうございます。 
       
      私も、まだまだまだまだ、へぼすぎるエンジニアですが、これから残りの人生全てを、技術力向上に費やしたいと思います。 
      暖かいお言葉をありがとうございます。 
      もし、具体的にこういうことをお願いしたいというものが出てきましたら、ご相談させてください。 
       
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

  2. qiitaを見てきました。
    インフラエンジニアですが、こちらのブログを拝見しとても共感いたしました。
    現在VRを使用した観光のデモみたいなものをUnityを使いOculus及びHololensを
    使用して開発しておりますがスキルがなく日々勉強の毎日です。
    医療関係も大変興味があるのですが、医療関係の知識がなく
    今年になってからVR、AR、MRでなにかできないかなと
    考えておりましたところこのサイトを最初から拝見させていただき
    スキルはあまりありませんが、なにかできることがあればぜひ協力を
    させていただければとコメントせていただいました。

    1. コメントありがとうございます。 
       
      素晴らしいですね、きっと、その培った技術が色々な人々のお役に立つことになれば、最高ですね! 
      私も、今は修行の身ですが、お互い、5年10年先の未来を、今より良いものにしましょう。

      日に日にどんどん技術がつくのを実感できると楽しいですよね。数年後、ITの先頭を走れるように、日々励んでいきましょう。
      おそらく、その頃に何か、共に創り上げることができたらと思っております。 
       
      暖かいお言葉をありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。

blackhawk にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です