AntibioticSoon 公開されました


先日お伝えしました、AntibioticSoon が

app store からダウンロードできるようになりました。

 

 

 

忙しい医師達が、抗菌薬を選ぶ際に、

迅速に、労力をかけず、適切な薬と量がわかるように、

 

という願いを込めました。

 

 

今はiphone/ iPadからしかダウンロードできませんが、

1カ月以内にアンドロイドからもダウンロードできるようにします。

皆様にお願いがあります。

1.
もし、アプリの内容が間違っているとか、ここをこうしたらもっとよくなるとか、
アドバイスがございましたら、お手数ではございますが、こちらまでご連絡ください。

2.
今後、年間で3つくらいアプリを開発していきます。
次は、弁膜症の手術適応や重症度がわかる、非循環器医のためのアプリを作ろうと思ってます。

もし自分と一緒に作りたいと興味がある方、連絡お待ちしております!
3.
2020年プログラミングが必修化され、子供だけでなく、大人もどんどんITを勉強していく未来になります。

目の前の医療現場の課題を解決できるのは、その課題をどうにかしたいと思っている、あなたしかいません。

AIやブロックチェーン、VR、これらはまだ、医療現場で受け入れられる準備はできてません。情報を紙やFax で送信するこの時代、もっと身近なテクノロジーで、医療現場はよくなります。
AIやブロックチェーンに憧れて、思考放棄してはいけません。自分には関係のないすごい、最先端技術じゃないと現場は変わらないんだと、諦めてはいけません。
あなたにはできます。
プログラミングを学べば、その課題を解決することができます。もし医療現場で働きたい!、ITにも力を入れたい!と思っている方、うちの病院で一緒に働きましょう。

医師兼エンジニアの私も全力でサポートします。皆様からの連絡をお待ちしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です